C++ソフト開発ツールのセオライザー

技術解説

  • HOME »
  • 技術解説

第33回目 C++の型変換でバグを未然に防ごう

こんにちは。田原です。 C言語の明示的な型変換は1つしかありません。問答無用に変換するので使い方を誤りやすくバグの元になり勝ちです。それに比べC++の明示的な型変換は危険なものが別れているためそれを使わないよう避けておけ …

第32回目 ちょっとイライラするconst。でも、実は頼もしい奴です。

こんにちは。田原です。 C++にはconstと言う概念があります。考え方自体は単純です。constな変数を書き換えるとコンパイル・エラーになるのでバグを事前に検知できます。頻発はしませんが、やらかしてしまうとデバッグはた …

第31回目 イテレータの仕組みと範囲ベースforの仕組み

こんにちは。田原です。 難しい話が続いたので、ちょっと気楽にfor文について解説します。C++ではC言語にはなかった「イテレータ」が追加されました。そして、C++11ではコードがスッキリして可読性が上がる範囲ベースfor …

第30回目 「例外」の要注意事項

こんにちは。田原です。 前回、例外の使い方とその便利良さを解説しました。 いつも退屈で憂鬱なエラー処理の記述とテストをかなり削減できる本当にありがたい機構なのですが、使い方が難しいです。その難しい部分(特に避けて通った方 …

第29回目 異常系プログラミングを簡単化する「例外」

こんにちは。田原です。 今回から2~3回に分けて例外について解説します。C言語時代、例外がなかった頃のエラー処理はたいへんでした。一々関数の戻り値をチェックしてエラー処理を書く必要があったからです。それはもう退屈でテスト …

第28回目 staticメンバ、および、クラス外でメンバを定義する

こんにちは。田原です。 前回まででクラスの基本の重要部分の解説が終わりましたが、あともう少し説明しておくべきことが残ってます。今回はその残りのstaticメンバとクラス宣言の外でメンバを定義する方法などについて解説します …

第27回目 オジブェクト指向の3大特長の3つ目「動的ポリモーフィズム」-補足-

こんにちは。 オブジェクト指向プログラミングの3大特長は、「隠蔽」、「継承」、「動的なポリモーフィズム」です。前回は最後の1つ「動的なポリモーフィズム」について解説しました。今回は「動的ポリモーフィズムでは何故ポインタか …

CMakeの基礎とTheolizerの組み込み方

こんにちは。田原です。 Visual Stduio用のプロジェクトはGUIで1つ1つオプションを設定するので、ひょいっとプロジェクトを作るという訳にはいきません。また、マルチ・プラットフォーム開発はビルドにも意外に苦労し …

第26回目 オジブェクト指向の3大特長の3つ目「動的ポリモーフィズム」

こんにちは。田原です。 オブジェクト指向プログラミングの3大特長は、「隠蔽」、「継承」、「動的なポリモーフィズム」です。今回は最後の1つ「動的なポリモーフィズム」について解説します。 これは一言で言うと、複数のクラスを1 …

第25回目 オジブェクト指向の3大特長の2つ目「継承」-補足-

こんにちは。田原です。 オブジェクト指向プログラミングの3大特長は、「隠蔽」、「継承」、「動的なポリモーフィズム」です。今回は「継承」の残りのコンストラクト/デストラクトの順序、それに関数のオーバーロード/ハイディング/ …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © Theoride Technology All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.