C++ソフト開発ツールのセオライザー

C++入門講座

実践C++入門講座   【無料】

第1回目で、C++を学習する理由と対象読者について書いてます。
言語を問わず少しでもプログラムの経験があり、高速なプログラムを高速に書きたい方が対象です。

第2回(VC++ 2015)と第3回(linux)、第12回(VC++ 2017)で開発環境の準備方法を解説しています。
実際の動作を見ていくことで理解が深まりますので、サンプル・プログラムをコンパイルしてデバッグできる開発環境を準備します。Windows上のMicrosoft Visual C++とlinux(ubuntu)上のgccのインストール方法と使い方を解説しています。gccの方はWindows PCでubuntuを使えるようするところも解説していますので、linux専用のPCをお持ちでない方にもお役に立てると思います。

Visual C++は現在最もメジャーです。gccはより厳密な部分まで学べます。皆さんの目標に応じてどちらか選択して下さい。悩んだ時は学習しやすいVisual C++をお勧めします。その後gccを学ぶことは簡単です。
他の開発環境を既に使われている方はそのままそちらを使って頂いてなんら問題ありません。

第4回目以降にてコンピュータの仕組みと絡めつつ、C++の解説を進めます。

それでは一緒に頑張っていきましょう!!

以下は、解説記事の日付順のリストです。(アイキャッチ付きの逆順リストはこちらです。)

最後にちょっと宣伝させて下さい。
セオライド テクノロジーでは高速・高生産性なC++の生産性を更に高める開発ツールTheolizer®を開発しています。これを使うことで内部データ構造の必要な部分のみのデータを通信回線でやり取りしたり、ハードディスクへ保存したりするプログラム開発の多くを自動化できます。GitHubで公開し、ここの技術ブログで使い方を解説していますので、ご覧頂けると幸いです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Theoride Technology All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.