C++ソフト開発ツールのセオライザー

お知らせ

  • HOME »
  • お知らせ

実践C++応用講座を始めました

実践C++応用講座を始めました。 トップ・メニューの「C++講座」→「C++応用講座」から入れます。 今後共よろしくお願い致します。

Theolizer® v1.2.0をリリースしました

Xml形式で保存/回復する派生シリアライザを追加しました。 GitHubへリリースしました。 他のシリアライザは要素名として変数名を用いるものが多いようですが、今回開発したXml派生シリアライザは型名を要素名とし、変数名 …

Theolizer® v1.1.3をリリースしました

使用しているコンポーネント群をバージョンアップしました。 また、ついでにメモリ・リーク検出機能を追加しました。 コンポーネントのバージョンアップ Issue #39 コンポーネント 旧バージョン 新バージョン 備考 Vi …

実践C++入門講座25回目の一部を修正しました

「オーバーライド」が指す範囲を間違えて理解していました。 この用語を第25回目で主に解説していましたので、関連部分を修正しました。 謹んでお詫び申し上げます。 ● オーバーライド オーバーライドは仮想関数に対する概念で基 …

Theolizer® v1.1.2をリリースしました

CMakeLists.txtを全体的に整理しました。 また、ユーザ・プログラム用のCMakeLists.txtも整理しています。従来のものも使えます。 当技術解説でCMakeの使い方とTheolizerの組み込み方法を解 …

Theolizer® v1.1.1をリリースしました

従来のTheolizerはcl.exeやg++.exeを置き換えて、ビルド・システムとコンパイラの間に割り込んでいました。 今回、その置き換えを不要とし、従来と異なる仕組みでターゲットのプロジェクトでのみTheolize …

ロゴを変更しました

クラウド・ワークスでロゴ作成しました。 びっくりする程多数の素晴らしい提案を頂け、良いものを作れたと思います。 このロゴと共にセオライド テクノロジーをよろしくお願い致します。

Theolizer®技術解説をv1.1.0に対応しました

Theolizer®技術解説は去年オープンβ開始前に作成していました。 オープンβ中にTheolizer®を少し仕様変更したため、これらのサンプル・ソースの変更が必要なため、対応しました。 現在のサンプル・ソースはThe …

Theolizer® v1.1.0をリリースしました

少し機能を追加しましたので、Theolizer® v1.1.0としてGitHubへリリースしました。 BinaryOpenプロパティの追加 ストリームをオープンする時、Binaryモードでオープンするべきかどうか判定しや …

Theolizer®のライセンス販売を開始しました

長らくかかりましたが、Theolizer®の商用ライセンスのご提供を開始しました。 サイト右側のオレンジ色の「Theolizer®購入方法」から販売ページへ移動できます。 ビジネスに使いやすいライセンスとなっておりますの …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © Theoride Technology All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.