C++ソフト開発ツールのセオライザー

技術解説

  • HOME »
  • 技術解説

簡単な構造体を保存/回復する

2017年6月7日 Theolizer®最新版v1.1.0へ対応するために修正しました。 最新版のソース一式をGistに置いてます。 こんにちは。田原です。 今回はTheolizerで簡単な構造体の保存/回復を行うための …

Theolizer®をインストールする

当記事は、Qiitaに投稿させて頂いた「C++シリアライザTheolizerをインストールして使ってみる」をTheolizer最新版v1.1.0に対応して修正したものです。 こんにちは。田原です。 1.はじめに Theo …

第23回目 オジブェクト指向の3大特長の2つ目「継承」-基本編-

こんにちは。田原です。 オブジェクト指向プログラミングの3大特長は、「隠蔽」、「継承」、「動的なポリモーフィズム」です。前回はデータとアルゴリズムをセットにすることで外部から「隠蔽」し、クラス変更の影響を最小限にすること …

第22回目 オジブェクト指向の3大特長の1つ「隠蔽」

こんにちは。田原です。 オブジェクト指向プログラミングの3大特長といえば、「隠蔽」、「継承」、「動的なポリモーフィズム」です。今回はその内 最も強力な「隠蔽」機構について考え方・使い方を解説します。 C言語的な記述に比べ …

第21回目 コンストラクタの誤解と一時オブジェクト

こんにちは。田原です。 たいへん良く勘違いされるのですが、C++のコンストラクタはメモリを確保しません。コンストラクタの呼び出し側で確保されたメモリを使用するオブジェクトを初期化するだけです。このメモリ獲得は「こっそり」 …

第20回目 クラスの基本はデータと関数のセットです

こんにちは。田原です。 本日からC++らしい機能である「クラス」の解説を始めます。C言語にオブジェクト指向プログラミングのコアである「クラス」を追加した部分がC++の最大の拡張の1つですので、ここからは本格的なC++講座 …

第19回目 忘れちゃいけないプリプロセッサ

こんにちは。田原です。 プリプロセッサはテキストを加工するもう一つの言語です。これがソース・ファイルを前処理(プリプロセス)し、コンパイラが加工されたソースをコンパイルします。プリプロセッサもテンプレートと同じく一種のメ …

第18回目 文字コードとVisual C++の悩み

こんにちは。田原です。 今回は、前回に引き続き、文字の内部表現について解説します。まず¥マーク問題、次に日本語文字コードについて解説します。文字コードについては本当に奥深いのですが、ここでは各種表示を日本語で出力 …

第17回目 数値や文字はどのように記録されるのか?

こんにちは。田原です。 コンピュータ・プログラムは、数値を使って各種計算、文字列の検索・加工・表示など様々な情報処理を行います。プログラムを単に使うだけの時はその数値や文字内部表現を把握しておく必要はほとんどありませんが …

第16回目 参照、それはポインタと同じ?違う?

こんにちは。田原です。 C言語で挫折する要因の1つはポインタと言われています。そして、C++にはポインタに良く似て非なる「参照」があります。ポインタの仕組みを把握していれば参照の仕組みは簡単なのですが、使い方はハードです …

« 1 8 9 10 11 »
PAGETOP
Copyright © Theoride Technology Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.