こんな話があるらしい。
「今は国債を発行して生活用補助金を出すのが良い。国債は償還(返還)しない方が良い。」らしい。説明を聞くと正しいこと言っているように聞こえる音だけど、借りた金を返さないとかあり得ないと思う。う~~~む。

借金多くて何が問題なんだ?-麻生太郎なんて動画があった。
「『政府の借金が多いととんでもない』なんてことはない。最後は円を刷って返せばいいだけ。」と言っている。首相経験者にして今の財務大臣なので流石に大きくは間違っていない筈だ。

ということは、三橋氏の説明は正しいのだろうか。

しかし、お金を好き放題に刷ったらハイパーインフレになる筈。
長期債務残高とインフレ率によると、国の借金は1970から2018年の間に157倍に増えたけど、1997年頃からインフレ率は概ね0%のままらしい。
そういえば、2013年の黒田バズーカの時はハイパーインフレになるぞと思ったのだけど、2%のインフレ目標さえ未だに達成できていない。

積み上げていくと確かに三橋氏の言っていることは正しい感じがする。
でも、やっぱり借りた金を国は返さなくてよいとか、何か騙されているような気がしてならない。